ロゴ

セッケン(石けん)の構造と界面活性剤

セッケンは脂肪酸(カルボン酸のうち、鎖状で、COOH基が1つしかないもの)とアルカリ(水酸化ナトリウムなど)が結合してできる塩のことです。

ポイント
セッケンは塩である。

カルボン酸は弱酸、水酸化ナトリウムは強塩基なので、セッケンは弱塩基性の塩です。

構造

セッケンは、脂肪酸由来の長い炭化水素基を持ちます。この部分は水に溶けない疎水性です。一方、COO(脂肪酸のCOOHを由来とする構造)は親水性を持ちます。この2つの性質から、セッケン分子は下図のような球状のかたまりを作りやすいのです。

水にセッケンを溶かした石鹸水に、油などの汚れを入れてみましょう。このとき、セッケン分子の疎水性の部分は、油を囲うように球状に並びます。こうして油はたくさんのセッケン分子に囲まれて、水から「除去」されるわけです。これがセッケンの汚れをとる仕組みです。

界面活性剤

界面活性剤とは、水の表面張力をおさえる物質のことです。水を容器に入れると、縁が高くなります。これは水の表面張力によるものです。

表面張力とは、その物質が内側に引っ張られて球状になろうとする力のことです。セッケンを水に溶かすと、石鹸水の表面張力は低下します。つまりセッケンは界面活性剤なのです。