ロゴ

ボイル・シャルルの法則

容器に空気を入れて密閉し、その気体が外に漏れないようにします。この状態で、圧力を上げたり、温度を上げたりしたときに成り立つ法則を、ボイル・シャルルの法則といいます。ボイル・シャルルの法則は一つの式で表されますが、実際はボイルの法則とシャルルの法則に分かれています。

ボイルの法則

温度を一定にして、圧力だけ変えたらどうなるか? という法則です。想像してわかるように圧力を上げたら体積は小さくなりますね。逆に圧力を下げたら体積は大きくなります。

あるいはこのように考えてもOKです。容器を押しこめて体積を小さくすると圧力が上がる。圧力から考えるか、体積から考えるかはどちらでもかまいません。

pV = k1

記号 意味
p 圧力
V 体積
k1 定数

シャルルの法則

圧力一定のとき、温度を上げたり下げたりしたら体積はどうなるかという法則です。温度を上げたら体積は増えて、温度を下げたら体積は下がります。

V = k2T

記号 意味
V 体積
T 温度
k2 定数

ボイル・シャルルの法則

ボイルの法則とシャルルの法則を合わせると次の式ができます。

pV/T = k