ロゴ

アルケンとアルキンの構造と性質

二重結合を持つ炭化水素化合物をアルケン、三重結合を持つものをアルキンといいます。

アルケン … CnH2n
アルキン … CnH2n-2

アルケンもアルキンも酸化されやすく、水素などと付加反応を起こしやすい性質を持ちます。例えば過マンガン酸カリウム水溶液にエチレンやアセチレンは酸化されます。この反応では酸化マンガンの黒色沈殿が出てきます。

ポイント
アルケンとアルキンは過マンガン酸カリウム水溶液で酸化され、酸化マンガンの黒色沈殿が発生する。

アルケン

アルケンの水素原子の数は炭素原子の数のちょうど2倍でわかりやすい。ただしこれはアルケンの二重結合が1つしかない場合です。二重結合が1つ増えると水素原子の数は2個ずつ減ります。

エチレンやプロペンはアルケンです。エチレンの構造を見てみましょう。

エチレンを構成するすべての原子は同一平面上にあります。これはアルカンと大きく異なる性質です。アルカンは単結合しかなく、それを軸にして構造が回転するため、立体的な構造をとります。

エチレンと水素を結合させるとエタンになる。アルケンは一般的に水素と反応してアルカンになります。この反応を付加反応といいます。

アルキン

アルキンは三重結合を持ち、反応性に富みます。高校化学ではアセチレンが代表的な例です。